新春・マル秘情報―林さんのライス編―

e0068598_0311782.jpg
かねがね店内では、どん底のメニューについてのお問い合わせがあります。その中で一番多いのが、どんカクのレシピ。まぁ当然でしょう。
お客さまそれぞれに「00入ってるでしょ!」とカウンター越しにスタッフに言い寄っておられる光景をたびたび目にしますから。どんカクのレシピは、昨年の表参道画廊での「56年前のどん底」展のオープニングイベントにいらしていただいた方々には、秘伝レシピがおわかりになったと思っております。(えっ?酔っ払ってて忘れたぁ?し・知らんよ、もう!)
そこで今回は、林さんのライスについて。
このメニューが当店にデビューした(と思われる)のが、今から40年前。
当時のご常連様から「たまにはメニューに載ってないものが食べたいな」のわがままオーダーから生まれたものです。
その当時のキッチンのチーフ富沢さんが、即興でそこにある食材から作ったのが牛肉のキャベツ炒めライスでした。これが正真正銘の「まかない」であります。
・・・なーんだ、簡単じゃん!ソースで炒めりゃいいだけでしょうが。と、皆様お家に帰ってキッチンに向かっておられるようですが。
なんか違うでしょ?
だって、ソースが違うんですから!写真のこのサフラン食品のウスターソースじゃなきゃ、この味は出せないのです。←あーあ、言っちゃった!これ、新春プレゼントという事で、ここだけの内緒ネ!
[PR]
by don-ichi | 2008-01-15 01:06


<< チョコレートより・・ 今年もよろしく! >>