モッツァレラとトマト

e0068598_1525699.jpg7月に入り、ますます暑い日が続いていますね。
サマータイム導入や勤務日変更など、皆様お変わりありませんか?暑さや日々のお仕事で、そろそろお疲れモードに入ってはいませんか?
そんな時は、やっぱり陽気なイタリアンで行きましょうよ。
蒸し暑さ全開の都会には、ピッタリの「モッツァレラとトマト」(1皿900円)のご紹介です。
低脂肪で良質のたんぱく質補給には、モッツァレラチーズ。
お肌の美白効果へ最適のトマトのリコピンとエキストラバージンオイルのビタミンE。
夏には最高の組み合わせです。さすがです。
イタリアンでは、カプレーゼっていいますよね。つまり、カプリ風なんだとか。
カプリってどこ?って。えー地図で見ると、イタリアをロングブーツの大きさと見立てると、丁度ショートブーツの高さの前辺りのカンパーニャ州のことだそうです。
州都はナポリ・・なんだナポリ!それじゃ、ナポリ風のが分かりやすいのにね。
ということは、ピッツアの代表、マルゲリータもここのですね。つまり、ここは正しくイタリアンなのでした。
[PR]
# by don-ichi | 2011-07-05 15:52

梅雨こそステーキ

e0068598_1550996.jpg今年はやけに早々と、入梅となりました。
巷では、節電対策、節電グッズと各方面様々にアイデアを振り絞っております。どん底も電球をLEDに替えたり、窓を開けてエアコンを出来るだけ使わないようにと努力しております。
でも、梅雨の蒸し暑さにはどうにも勝てません。
お仕事帰りのお客様に、何とかリフレッシュして頂く為にはと、知恵を絞り、汗を搾り・・・。
やっぱりここは、ガツンと「サーロインステーキ」(1200円)を召し上がって頂きましょう!
この蒸し暑さ、気だるさをステーキ食らってぶっ飛ばしましょう。
キッチンから、ジュージューと音を立ててやってくる、鉄板の上に載せられた分厚いステーキ。
この弾ける音と堪らなく香ばしい薫りは、ノックアウト間違い無しです。
この時期、「アスパラとベーコンステーキ」(950円)と並ぶ人気スタミナアップ商品です。
[PR]
# by don-ichi | 2011-06-06 16:21

角瓶の義援金箱です。

e0068598_1771046.jpgご存知、サントリーの角瓶です。一時は、生産が追いつかないほどの人気なハイボールでお馴染みですね。ちょっと大人な山崎のモルトもブレンドされていると言うだけあって、リーズナブルかつ美味しいジャパニーズウイスキーです。飲み屋としては、この瓶で復興支援を考えました。
さて、貯金箱(瓶)の作り方です。
まず、ボトルに水を一杯に入れます。(これで、圧をかける訳です。)
次に、アイスピックを用意して。コツコツと傷を付けて行きます。コツコツと突いているうちに、ご覧のように投入口が開きます!すごーく地味な作業です。でも、ちゃんとお札も入る立派な口が出来ました。後は、皆様のご協力を待つばかりです。(瓶の口から入らないの?って、思いますよね。残念ながら、お札を丸めてなら入りますが、小銭は1円も入りましぇ~ん。)

e0068598_17275249.jpgついでに、シャンペンのコルク止めで、ワイヤーアートをしてみました。
今回は、イスを作ってみました。ラジオペンチがあれば、すぐに出来ます。このような時期、廃物利用やリサイクルに、もう一度目を向けてみてはいかがでしょう。
[PR]
# by don-ichi | 2011-04-26 17:37

スペインから

e0068598_1921349.jpg先週届きました、新オリーブです。スペイン店から、「粒よりのいい実が入ってきたので送ります。」のメッセージ。つやつやでプルプルのオリーブです。
最近あちこちで、グリーンオリーブを見ますが、やっぱりどん底のオリーブにはかなわないはず。是非是非お召し上がり下さい。こんなに入って、一皿650円です。

写真奥は、春からの新メニューの試作です。大きめのタコブツをスペイン風にアレンジしてみました。
4月頃からお出しする予定です。お味の方は乞うご期待!
[PR]
# by don-ichi | 2011-03-24 19:30

特注テーブル参上!

e0068598_20252417.jpg問題です。このテーブルは何処の階のでしょうか?
答えの前に。
実は、ここ数年でどん底も、お食事のメニューが充実して参りました。
もうすぐ(来月ですよ!)どん底が誕生して60年になります。最初は、乾き物程度にどんカクを煽るのがどん底流だったのでしょうが。
時を経て、お酒好きの腕利きシェフが登場し、オーナーの矢野と考えて、ご存知のピザ、ナポリタン、林(さん)ライスなど出されるようになりました。更に、数年ほど前からは、もっと手軽なメニューを、季節ごとに出そうと提案されるようになりました。
「酒飲みに料理は似合わない」なんて昔のこと。
今は、美味しいお酒に美味しいお料理の時代です。
どん底も美味しいメニューをお出しするようになったものの・・・テーブルが昔のまま!
お客様は、次々と出てくるお料理を飲む間もなくお皿に移すは移すは。大忙しです。本当に申し訳ない有様でした。
さて問題の正解ですが、写真は1階の奥のテーブルでした。
変わったのぉ?
よーくご覧下さい。以前は4人が腰掛けて一杯のテーブルが、6人掛けにパワーアップしておりまっせ。平日は3~4人掛けでゆったりとお座り頂けます。お料理も慌てて取り分けなくても大丈夫です。
今年60年のどん底は、テーブルを広く計画でスタートします。さて次は何処のテーブルが変わるのかな?
ちなみに1階の真ん中の通常2人掛けのテーブルも4人掛けテーブルになり、ゆったりとなりました。(奥のテーブルがこっちに移動してきたわけなんですが)
[PR]
# by don-ichi | 2011-01-27 21:08

エビで元気に!

e0068598_10123877.jpg























2011年明けましておめでとうございます。昨年はいかがな年でしたか?
良かった人もそうでなかった人も、新しい年はみーんなハッピーに過ごせますように!
願いを込めて、「エビのオリーブオイル焼き」(一皿750円)をご紹介いたします。
大きめのぷりぷりエビがゴロゴロと、もったいなくもエキストラバージンオリーブオイルのプールの中を泳いでおります。残ったオイルは、添えられているパンを使ってたっぷりと吸いとってお召し上がりください。美容と健康に是非お召し上がり頂きたい逸品です。鉄板が厚いのでお気を付け下さいね。
エビは共に背中が丸くなるまでと、縁起のいいお品。共に末永ーくどん底を愛して下さいな。
[PR]
# by don-ichi | 2011-01-02 10:27

新豆2(ツー)!

e0068598_20214845.jpg新豆繋がりで。
新豆と言えば、どん底ではオリーブですよね。今年も届いております、スペインから。
秋に初摘みの小粒なグリーンオリーブをご紹介いたしました。
相変わらずのスペイン気分で、小粒も混ざりながらの到着です。でもやっぱり他のお店では味わえないオリーブです。保存剤無添加の為、お出ししてから見る見る色が変わってしまいます。
漬け汁入りで出した方がいいのかなぁ?ともあれ是非、この自慢の逸品を召し上がってみてくださいね。(一皿650円)
[PR]
# by don-ichi | 2010-11-25 20:30

新豆です!

e0068598_16511543.jpgこの時期に新豆なんて、知りませんでした。でも確かに美味しいです!写真で見てもおわかりの通り、お豆の色も濃くて違いますね。
どん底では、数々こだわりの食材があるのですが、今までちっとも紹介していなかったのでいつも「あーもったいない」って思います。
この落花生もちゃ~んと、千葉の農家の物を仕入れているのに。常連のお客様すら、どーせ安もんなんだから、もっと山盛りにしてよ・・なんておっしゃる。(実はスタッフも良く分かっていないかも)
どん底の落花生は、このように大切に、大切に育てられたマッチ箱入り娘なのです。はい。
[PR]
# by don-ichi | 2010-11-06 17:02

ショウチュウ・デ・ヌーボー!

e0068598_18324344.jpg久々にドリンクメニューからのご紹介です。
燦然と碧く輝いておりますのは、ボンベイサ・・ではなく、焼酎「黒丸」の新酒です。
焼酎にも新酒があるんですねぇ。今年8月に鹿児島で収穫された「黄金千貫」を一足早く瓶詰めしました。飲み口はヌーボーらしく軽やかです。黄金千貫のふくよかで、柔らかな香りが優しく口の中に広がります。
残念ながら数量限定のため、ボトル売りのみとさせて頂きます。1本4500円です。その場でスクラッチカードが付いています。何が当たるかはヒ・ミ・ツ☆
ところで、本当の黒丸のボトルは透明なのですが、1Fのカウンターで面白いものを発見してしまい、思わず黒丸に貼ってしまいこんな写真になってしまいました。
e0068598_16474616.jpg





本当はこうなるはずでした。
[PR]
# by don-ichi | 2010-10-19 18:52

10月からのおすすめ

e0068598_2031319.jpg
こちらは新作!「キノコと生ハムのトルティーリャ」です。
ご好評のじゃがいものトルティーリャからの変身です。しかしなんと物凄い量のキノコでしょう!しめじ、エリンギ、しいたけと実にこぼれ落ちそうな程入っています。このボリュームで、お値段据え置き650円でのご提供です。スタンダードなじゃがいものトルティーリャも美味しかったですが、益々腕を上げるどん底キッチン軍団に拍手です!
e0068598_20115791.jpg
新作第2弾は「鮭とキノコのクリーム煮」です。大好評のグラタンがガッツリ系ならば、こちらはやや軽めで、冷めても美味しいホワイトソースの煮込みです。2種類のキノコと鮭の切り身がホワイトソースにコクを出しています。本当は底に残ったソースをパンに付けたいくらいです。熱々でもよし、冷めても美味しいクリーム煮は750円でお出しいたします。
[PR]
# by don-ichi | 2010-09-30 20:23